“貽貝”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いがい66.7%
いがひ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“貽貝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 評論 エッセイ 随筆20.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]2.9%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そこにはまた、蛙や亀の清らかな種族があり、貽貝いがいも少々ある。
イズシは貽貝いがいすしで、南部の方言ヒメガイ(『松屋筆記』百五巻)、またニタガイ(『本草啓蒙』四二)、漢名東海夫人、皆その形に因った名で、あわびを同様に見立つる事、喜多村信節きたむらのぶよの『筠庭いんてい雑録』にも見える。
磯𣷓のよろしき日にも鯛のよる貽貝いがひが島は波うちしぶく
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)