“薺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なずな92.9%
なづな7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何です、これは、と変な顔をして自分が問うと、鼠股引氏が、さ、ペンペン草も君はご存知ないのかエ、と意地の悪い云い方をした。
野道 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
真後とあり。薺は二寸ばかりも伸びてはやのふふみたるもゆかし。右側に植ゑて鈴菜とあるは三寸ばかり小松菜のたぐひならん。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
うして彼岸日南垣根には耳菜草雜草よくだして桑畑畦間にはした線香げて、粉米めた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)