“桑畑”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くわばたけ69.2%
くはばたけ23.1%
くはばた7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“桑畑”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いずみいえまえは、桑畑くわばたけなんだぜ。だから、すこしばかりったって、かまわないのさ。」
芽は伸びる (新字新仮名) / 小川未明(著)
小さい太郎は、いちばんはじめに、いちばん近くの、桑畑くわばたけの中の金平きんぺいちゃんの家へゆきました。
小さい太郎の悲しみ (新字新仮名) / 新美南吉(著)
かれ衣物きものへに桑畑くはばたけ小徑こみちえて自分じぶんうちつたのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
うら垣根かきねから桑畑くはばたけえてあるきながら與吉よきち菓子くわししやぶつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
にはからさき桑畑くはばたたゞぱいしろい。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
桑畑くはばたはしはうとうつた菜種なたねすこ黄色きいろふくれたつぼみ聳然すつくりそのゆきからあがつてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)