野道のみち
流鶯啼破す一簾の春。書斎に籠っていても春は分明に人の心の扉を排いて入込むほどになった。 郵便脚夫にも燕や蝶に春の来ると同じく春は来たのであろう。郵便という声も陽気に軽やかに、幾個かの郵便物を投込んで、 …
作品に特徴的な語句
背戸せど 幾個いくつ 蔓草つるぐさ 樹蔭こかげ すぎ 土堤どて 大工だいく さくら 見廻みまわ りん 馬糞まぐそ 小禽ことり なら 田舎道いなかみち 呵々かか 土橋どばし 蒲公英たんぽぽ 出掛でか 懐紙かいし ふで 臭気しゅうき 小汚こぎたな くき 香気こうき 目敏めざと 知合しりあい 茅屋ぼうおく 弾機ばね 茗荷みょうが 山椒さんしょ こと 老婢ろうひ 野卑やひ ふう 名宛なあて 褐色かっしょく 洒々落々しゃしゃらくらく きぬ なずな むぎ 一同みんな 笑声しょうせい ひさご 帰路かえり 溝川みぞかわ 哄然どっ 孤屋こおく 疥癬ひぜん とり 双方そうほう しゅ 分明ぶんみょう 後廻あとまわ 蓮華草れんげそう 入込はいりこ 近処きんじょ 呉春ごしゅん 野蒜のびる 尻端折しりはしょり ひら 小鮒こぶな 打揃うちそろ 打扮いでたち 鼠甲斐絹ねずみかいき 少許しょうきょ 独酌どくしゃく 突掛つっか 埋合うめあわ 一盃いっぱい 不興ふきょう 張紙はりこ 書簡てがみ 馬頭観音ばとうかんのん 盛上もりあ 吸筒すいづつ 某氏ぼうし 刀子とうす 小孔こあな 小束こたば 打落うちおと 片木へぎ 竹籬たけがき 郵便脚夫ゆうびんきゃくふ 長閑気のんき 漫歩まんぽ 一簾いちれん 囅然てんぜん 手丈夫てじょうぶ 瓢酒ひょうしゅ 塩味しおみ 誘引ゆういん 遠霞とおがすみ 恵光けいこう 閑事かんじ 鼠紬ねずみつむぎ 汝達おまえたち