“いがい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
遺骸59.5%
意外27.9%
以外9.9%
貽貝1.8%
已外0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二十八日の夜の刻に、抽斎は遂に絶息した。即ち二十九日午前二時である。年は五十四歳であった。遺骸谷中感応寺に葬られた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
すると、意外にも、いつのまにか、そのは、ほどからられたとみえて、もう、その花園にはなかったのであります。
はちとばらの花 (新字新仮名) / 小川未明(著)
現在欧米出版界には、った作品無数われてりますが、本邦では、翻訳書以外にはあまり類例がありません。
イズシは貽貝で、南部の方言ヒメガイ(『松屋筆記』百五巻)、またニタガイ(『本草啓蒙』四二)、漢名東海夫人、皆その形に因った名で、を同様に見立つる事
この書の著者段成式かつて試みて六、七に至りしがそれ已外は乱れて弁ぜず、郭いわくようやく炬を益せばすなわち別つべしとありて