“とんだ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
富田76.9%
意外15.4%
不図7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いちど、むこどのの顔みたい。——双方より出向いて、富田とんだの国境で、むこしゅうとの初対面げたいが」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
——きのう秀吉の本軍が富田とんだ大塚附近まで進出すると、麾下きかの諸将はみなまッ先に、この山に目をそそいでいた。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
意外とんだ事を素破すつぱ拔かれた藝妓が、對手が新聞記者だけに、弱つて了つて、援助を朋輩に求めてるのもあれば、反對に藝妓から素破すつぱ拔かれて頭を掻く人もある。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
『成程。それで何かな、先生、お前様めえさまは一人でも此村に信者が出来ると、何処へも行かねえて言つたけが、真箇ほんとかな? それ聞かねえと意外とんだブマ見るだ。』
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
藤「昨夜ゆうべ盗賊が、へえー、何処どこから這入りました、家尻を切ったって、へーえ何うもそれはとんだ事でしたな、おだい芳造よしぞうさんですか、それはまア不図とんだ御災難で」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
誠に孝行な事と感服していさゝか恵みをしたのがかえって害に成って、不図とんだ災難をせて気の毒で有ったが、明日あす私が訴えて娘子は屹度きっと帰れる様にして上げるが、名前も明さずに金子かねを遣った処は誠に済まんが
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)