“ふつと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:フツト
語句割合
偶然50.0%
不図50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「始は待合所の入口の所でと顔が見えたのじや。余り意外ぢやつたから、僕は思はず長椅子を起つと、もう見えなくなつた。それから有間して又偶然見ると、又見えたのじや」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
それを考へれば、お前が偶然気の変つたのも、は無理も無いのだらう。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
不図さう思出したら、毎日そんな事ばかり考へて、可厭心地になつて、自分でもどうかたのかしらんと思ふけれど、私病気のやうに見えて?
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)