“谷中”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やなか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“谷中”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸12.9%
芸術・美術 > 彫刻 > 彫刻史 各国の彫刻6.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
窮屈でいやだと思いましたが、致し方がありませんから、江戸谷中やなか三崎さんさき下屋敷しもやしきへ引移ります。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
また出ますと云うたら宿は何処どこかと聞いたから一両日中に谷中やなかの禅寺へ籠る事を話していとまを告げて門へ出た。
根岸庵を訪う記 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)