“やなか”の漢字の書き方と例文
語句割合
谷中100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二十八日の夜の刻に、抽斎は遂に絶息した。即ち二十九日午前二時である。年は五十四歳であった。遺骸谷中感応寺に葬られた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
是等を救助せずして静まるべきの筋にあらずとて、先づ救民小屋造立の間、本所回向院谷中天王寺、音羽護国寺、三田功運寺
何でも谷中に御友達とかの御葬式があるんですって。それで急いで行かないと間に合わないから、上っていられないんだとゃいました。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)