“音羽”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おとわ82.9%
おとは17.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
音羽の山林の藪の中に、佐分利ヤス、マサと申す母子が、ノド笛をかみとられ、腹をさかれ肝臓を奪われてことぎれておりました。
「京へは近うございますが、大阪へは廻り道で、山から山を音羽笠取の里へとって、宇治の富乃荘へも出られると申します」
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
是等を救助せずして静まるべきの筋にあらずとて、先づ救民小屋造立の間、本所回向院谷中天王寺、音羽護国寺、三田功運寺
手にたる者なれば解放せしとて音羽さば如何なる災禍らんも計られず又親子も家主を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)