“金魚鉢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きんぎょばち80.0%
きんぎよばち20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多分被害者は、しみもがき、金魚鉢のところまでいよつてきて、をゆすぐか、または、もうとしたのだろう。
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)
金魚鉢にいれてあるすいれんが、かわいらしい黄色きました。どこからんできたかさなはちがみつをっています。
すいれんは咲いたが (新字新仮名) / 小川未明(著)
ちやんは其處彼等るのをて、偶々自分以前に、數多金魚鉢へしたしました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)