“午睡”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひるね78.6%
ごすい16.7%
ごすゐ4.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“午睡”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲1.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
「就いては、己が午睡ひるねをしてゐる間中、枕もとに坐つてゐて貰ひたいのだが。」と、遠慮がましく頼むではございませんか。
地獄変 (旧字旧仮名) epub / 芥川竜之介(著)
誠に済みませぬがお通しなすって下さりまし、なるたけお午睡ひるね邪魔じゃまになりませぬようにそっと通行いたしまする。
高野聖 (新字新仮名) epub / 泉鏡花(著)
きょうも妻は不相変あいかわらず麦藁むぎわらの散らばった門口かどぐちにじっとひざをかかえたまま静かに午睡ごすいむさぼっている。
第四の夫から (新字新仮名) epub / 芥川竜之介(著)
ちょうど今午睡ごすいから覚めたダアワは僕を散歩につれ出そうとしている。
第四の夫から (新字新仮名) epub / 芥川竜之介(著)
犬も午睡ごすゐをしてゐるせいか、吠える声一つ聞えない。
酒虫 (新字旧仮名) epub / 芥川竜之介(著)
されば貴人の馬車富豪の自動車の地響ぢひゞき午睡ごすゐの夢を驚かさるゝ恐れなく、夏のゆふべは格子戸の外に裸体で凉む自由があり、冬のは置炬燵に隣家の三味線を聞く面白さがある。
路地 (新字旧仮名) epub / 永井荷風(著)