“河鹿”の読み方と例文
読み方割合
かじか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いたしますとも、真昼、北上川の温泉壺の中に、白い首と、旦那の首と、二つならべて、河鹿を聞いているなんざあ、言語道断」
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
フンドシ一つではとんと河鹿が思案にくれてゐるやうで、亡者が墓から出てきたばかりのやうに土の上にションボリ坐つてゐる。
母の上京 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
他に客もないかして、三味線の音締めも聞こえない。銀の鈴でも振るような、涼しい河鹿の声ばかりが、どこからともなく聞こえて来た。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)