“河鹿”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かじか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一首は、かわず河鹿かじか)の鳴いている甘南備河に影をうつして、今頃山吹の花が咲いて居るだろう、というので、こだわりの無い美しい歌である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「まるで何だらう。夏の夜、谷川の道を歩いてると、それ、河鹿かじかてえ奴の鳴き聲が、次ぎから次ぎへと新しく湧いて來る、ちやうどあれ見てえだらう。」
天国の記録 (旧字旧仮名) / 下村千秋(著)
「いたしますとも、真昼、北上川の温泉壺ゆつぼの中に、白い首と、旦那の首と、二つならべて、河鹿かじかを聞いているなんざあ、言語道断」
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
涼しい声の河鹿かじかやひぐらしはさかんに鳴き立てるが、木蔭のない河原の砂や小石は日に焼けて、其上に張った天幕の中は、寝苦しい程蒸し熱かった。
北岳と朝日岳 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
杉の木立の色鮮かな愛宕山あたごやまを控へ、河鹿かじか鳴くなる中津川の淺瀬に跨り、水音ゆるき北上の流に臨み、貞任さだたふの昔忍ばるる夕顏瀬橋
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
——あんずるに、これ修善寺しゆぜんじ温泉いでゆける、河鹿かじか蜃氣樓しんきろうであるらしい。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
童子は、すたすた歩き出し、あとをも振りかえろうとしなかった。私は目をすえ、見送っているうち、庭のあたりでこのごろ飼った河鹿かじかがしめやかに啼いた。
童子 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
肋骨や手足の関節が目立つて目に泌みるその不健康な裸体を見てゐると、まるで痩衰やせおとろへた河鹿かじかが岩にしみついてゐるやうにしか思へないのであつた。
黒谷村 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
一泊。日よし、河鹿かじかの鳴声。秀雄、彼女ありせば、我等 tete a tete なりせば。皆満足せず、可笑しい晩であった。
たきしたなる河鹿かじかこゑに、あゆみめると、其處そこ釣人つりてを、じろりと見遣みやつて
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)