“日焼”の読み方と例文
読み方割合
ひや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「一つは赤星ジュリアの耳飾りのこと、それからもう一つは、いまのもう一人の男の顔にある変な形の日焼けのことだよ」
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
とそつはないが、日焼けのしただらけのへ、ドンと打撞りさうにれらるる、保勝会小笠原氏の——八午後古間木うてより、自動車られ、まれ
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)