“ひや”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒヤ
語句割合
69.7%
冷酒5.0%
火箭4.4%
冷水4.1%
3.2%
陽焦2.2%
日焦2.2%
冷笑1.6%
火矢1.3%
陽焼0.9%
冷評0.6%
日焼0.6%
火屋0.6%
素見0.6%
氷屋0.3%
0.3%
冷嘲0.3%
日灼0.3%
檜屋0.3%
比屋0.3%
0.3%
鄙野0.3%
陽灼0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お豊はそう云いながら、角樽を取って、その口からのまま飲もうとした。深喜は近よってその手をえ、角樽を奪って脇へ置いた。
花も刀も (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
「私も生玉子か、冷酒で一杯ひっかけようと思っていた所で、御同様に酒の気がないと意気地がありませんからな。」
老年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
浜城をつつんだ高山右近長房や、中川藤兵衛の軍も、火箭、鉄砲の豊富な新兵器の威力をつくし、忽ち、そこを焦土とした。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
忠「さん、お気の毒でございますが水が飲みとうございますから、冷たいお冷水を一杯戴きたいもので」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
を一口という息切のするが、とても不可ません、ないこッてすがせめてお一人だけならばと、も意気地もなく母親の帯につかまって、別際忍泣に泣いたのを
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一学は舌打ちをして肩越しに眼を向けた。三十四五の旅商人にしては陽焦けの浅い男である。がぶつかると、急に世辞笑いをして
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
小初は、み台のの上板に立ち上った。を額にして、空の雲気を見廻した。軽く矩形げた右の上側はココア色に日焦けしている。
渾沌未分 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
実は先刻から云おうかそうかと思って、考えていたんですけれども、そんな風に兄さんから冷笑かされて見ると、私だって黙って帰るのがになります。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
火矢の材木をき切つた天満北木幡町の大工作兵衛などがそれである。かう云ふ製造は昨晩まで続けられてゐた。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
すこしれている、ぼくにさえ聞えるほどのしい動悸粒々の汗が、小麦色に陽焼けした、豊かなり、黒いリボンで結んだ、髪の乱れが、すじに、汗にれ、りついているのを
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
もし私が持って生れたこの単純な性情に自己を託してみないとすると、時々飛んでもない人からされる事があるだろう。その結果で馬鹿にされたり、冷評かされたりする。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
とそつはないが、日焼けのしただらけのへ、ドンと打撞りさうにれらるる、保勝会小笠原氏の——八午後古間木うてより、自動車られ、まれ
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
春ともいはぬ火屋白幕 桃鯉
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
二三軒雑誌を素見かして、中央會堂の少しから本郷座の方に曲ツた。何んといふことはなかツたがウソ/\と本郷座の廣ツ場に入ツて見た。閉場中だ。
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
この人たちは氷屋へ殖林を見にいらつしやいました役人さんに助けられて來たのですが、役人さんが初めここへ一人でいらつしやいましたときに、夕飯を一人前用意しといてくれと云つて
榛名 (旧字旧仮名) / 横光利一(著)
この方は死にきれずに、苦しまぎれに山番のところへいつて、水をくれと云つたので、山番に助けられてここへ歸つて來ましたが、もう一つは心中で、あの向ふの氷屋のところでありました。
榛名 (旧字旧仮名) / 横光利一(著)
それをんな混て一旦沸立たせて布巾てレモン油を小匙に軽く一杯加えて大きなブリキ鉢かあるいはゼリー型へ入て氷でし固めます。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
それからまた今のゼリーをその上へんで氷でし固めるのです。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
「もっと若い綺麗な人が、どんどん見舞に来てくれると病気も早くるんだがな」と云って看護婦を笑わせた彼は、すぐ彼女から冷嘲かし返された。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と栖方は低く笑いながら、額に日灼けのの入った頭をいた。狂人の寝言のように無雑作にそう云うのも、よく聞きわけて見ると、恐るべき光線の秘密を呟いているのだった。
微笑 (新字新仮名) / 横光利一(著)
能美江沼檜屋大聖寺の諸郡に、それぞれ守備をおき、まず将来への基点としておいて、自身はへ陣を移した。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
当時沖縄に革命が起って尚巴志の王朝が亡ぶとさっそく首里城の京の中で国王選挙の大会が開かれたとのことでありますが、群衆の中から白髪の老人安里比屋が声を放って
ユタの歴史的研究 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)
晴代はらないと思つたので、急いで円タクを飛ばした。皆んなにおらかされて、札びら切つてゐる木山の顔が目に見えるやうだつた。
のらもの (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
西洋諸国たえて鄙野の教門なし。ここをもって人の好むところにするもまた可ならん。かつ人々高く、学し。あに木石虫獣を拝する者あらんや。わが邦はすなわちず。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
仕事にかかる瞬間から終るまでの間、去ることのない愁眉が一時に開いて行くような、静かな表情の変化が陽灼けた顔に窺えるだけなのである。