“陽焼”の読み方と例文
読み方割合
ひや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しく陽焼けのした、にがみばしったいい男であり、栄子の馴染ときまったときには、浦粕じゅうのごったくやの女たちみんなが、嫉妬のあまりやけくそみたようになったそうである。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
すこしれている、ぼくにさえ聞えるほどのしい動悸粒々の汗が、小麦色に陽焼けした、豊かなり、黒いリボンで結んだ、髪の乱れが、すじに、汗にれ、りついているのを
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
陽焼けした顔色はセピアのようであり、頬は落ちくぼんでいだようであった。盲目の眼はで蔽われ、黒い隈がのようにどっていた。これが頼春の顔であった。昔のなどどこにもなかった。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)