花も刀もはなもかたなも
道場からあがり、汗みずくの稽古着をぬいでいると、秋田平八が来て「おめでとう」と云った。 「みごとだった。平手、みごとだったよ」 「今日は調子がよかったんだ」 「そうじゃない、実力だ」 「いや、今日は調子がよかったんだ」と、幹太郎は云った。 …
作品に特徴的な語句
きょう へい ちょう とど むな 忿いきどお はず こうべ どき ふれ 肋骨あばらぼね たい ほり めん なまめ 大店おおみせ つう かね 名聞めいぶん かし 淵辺ふちのべ 狡猾ずる 水洟みずっぱな 武庫ぶこ まば ちょう がまち くら こく ほう こす まく つか 素面すめん 手籠てご 耀かが 惘然もうぜん たち いま はぎ ひさし 蚊遣かや 布切ぬのきれ はま 小人しょうじん 宿しゅく 家中かちゅう おんな 如何いかん べい 嘲笑ちょうしょう かな あやま つか 名目めいもく 余温よおん 馴染なじ つり 頭突ずつ 位取くらいどり 髪毛かみ うえ 上位じょうい とき あか 上村うえむら 中位ちゅうい すが はし 竹刀しない 駕籠かご 竹藪たけやぶ 符牒ふちょう 筆頭ひっとう 箪笥たんす はし 籠手こて 精悍せいかん ただ 紊乱びんらん 納屋なや 馬道うまみち しゃ 饗応きょうおう 顛倒てんとう 股引ももひき はら 股立ももだち 風貌ふうぼう ふけ