“あざわら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
嘲笑70.7%
冷笑22.7%
2.9%
嘲嗤0.8%
嗤笑0.4%
冷嘲0.4%
咲噱0.4%
哄笑0.4%
0.4%
嘲咲0.4%
嘲弄0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
卜斎鉄拳をくったせつなに、仮面は二つにられてしまった。そして二つに割られた仮面が、の上に片目をあけて嘲笑っている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
無数の征矢は煙りを目がけて飛んだ。女は下界をみおろして冷笑うように、高く高く宙を舞って行った。千枝松はおそろしかった。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そこに発表されて在る作品だって、みんな卑俗だ。私だって、もとより卑俗の作家である。他の卑俗をうことは私には許されていない。人おのおの懸命の生きかたが在る。
困惑の弁 (新字新仮名) / 太宰治(著)
貫一は吾を忘れて嗤笑ひぬ。彼はその如何むべきか、謂はんやうもあらぬをひて、更に嗤笑ひ猶嗤笑ひ、めんとして又嗤笑ひぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
宮はきて唇を咬みぬ。母は聞かざるして、折しもけるへり。貫一はこのを見て更に嗤笑ひつ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
それは文字を白く染抜いた紫の旗で、外に記念の賞を添えまして、殿下の御前、群集の喝采で、大佐から賜ったのでした。源の目は嫉妬の為に輝いて、口唇は冷嘲ったように引みました。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
勝ちて相問うことを得ず、天鈿女すなわちその胸乳にかきいでて、裳帯を臍の下にれて、咲噱いて向きて立つ〉、その名を問うて猿田彦大神なるを知り、〈鈿女問いて曰く
それは一本の傘のげたのを車のように廻して皆が哄笑ったのだ。「誰のだ、誰のだ」と言うのもあれば、「春風楼、冬子! わはっはっはっ」と怒鳴る奴もいる。平一郎は群に近寄って見た。
地上:地に潜むもの (新字新仮名) / 島田清次郎(著)
友野は、少しばかり反身になって、胸のバッチを示した。そこには帝国新聞の社章が、霧に濡れて、鈍く、私の無為徒食うようにくっついていた。
腐った蜉蝣 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
こは嘲咲ふぞ。かれその弟宇迦斯、こは宇陀の水取等が祖なり。
急にまた嘲弄うように笑いかけて
黒猫十三 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)