“無為徒食”の読み方と例文
読み方割合
むいとしょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし豹一は月も寝ていなかった。絶えず何かの義務を自分に課していなければ気のすまぬ彼は、無為徒食の臥床生活がたまらなく情けなかった。
(新字新仮名) / 織田作之助(著)
友野は、少しばかり反身になって、胸のバッチを示した。そこには帝国新聞の社章が、霧に濡れて、鈍く、私の無為徒食うようにくっついていた。
腐った蜉蝣 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)