腐った蜉蝣くさったかげろう
黄昏——その、ほのぼのとした夕靄が、地肌からわき騰って来る時間になると、私は何かしら凝乎としてはいられなくなるのであった。 殊にその日が、カラリと晴れた明るい日であったならば猶更のこと、恋猫のように気がせかせかとして、とても家の中に籠ってな …
作品に特徴的な語句
かよ おも そそっ 慄然ゾッ 眩暈くら けがら かけ あざわら いさ 頬骨ほほぼね いで たゆ 口惜くちおし ほとばし 泡沫あわ おん ともしび 片頬かたほほ 排出はきだ あるい 発見みつけ かく のぼ 饒舌じょうぜつ うか 仰向あおむけ 頭髪かみのけ マスト 機会しお 凝着こびりつ 牝豚めすぶた 込上こみあが すう 躊躇ためら なじ そこな 見棄みすて はなはだ 痕跡あと なげう しわが 憤然むっ 慄然ぞっ じわ はず こも 緑色りょくしょく 姿体すがた 微笑ほほえみ ひき かすか 耳朶みみたぶ 溜息ためいき 滲出にじみで したた 漆黒しっこく ようや 瀟洒しょうしゃ そそ 無慙むざん 焦慮あせ しか ひし 狂気きちがい 狼狽ろうばい なお 猶更なおさら 玩具おもちゃ 琺瑯ほうろう 痙攣けいれん 痩身そうしん なお 盲縞めくらじま まゆ まぶ にら ひとみ 邂逅かいこう 遅蒔おそまき のこ めぐ なた 這入はい