“牝豚”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
めぶた80.0%
めすぶた20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“牝豚”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さて、柿丘秋郎が恩人とあがめるという、いわゆる牝豚めぶた夫人の夫君は、医学博士白石右策しらいしうさく氏だった。
振動魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
牝豚めぶたは、紅くただれた腹を汚れた床板の上に引きずりながら息苦しそうにのろのろ歩いていた。
豚群 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
あの、卑猥ひわい牝豚めすぶたのような花子につちかわれた細菌が、春日、木島、そしてネネと、一つずつの物語を残しながら、暴風のように荒して行った痕跡あとに、顔を外向そむけずにはいられなかった。
腐った蜉蝣 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)