“姿体”のいろいろな読み方と例文
旧字:姿體
読み方(ふりがな)割合
したい66.7%
すがた33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“姿体”を含む作品のジャンル比率
技術・工学 > 家政学・生活科学 > 食品 料理0.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それぞれの胸の中には、あのネネの姿体したいが様々なかたちでうかいで、流れ去っていた。
腐った蜉蝣 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
見るからに美味うまそうに、しかも、つややかに、鮎の姿体したいを完全に焼き上げることは、鮎を味わおうとする者が、見た目で感激し、美味さのほどを想像する第一印象の楽しみであるから、かなり重要な仕事と考えねばならぬ。
鮎の食い方 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
ああ、私は今でも、つて恋人と呼んだ彼女の姿体すがたをハッキリと思い出すことが出来る、しかし、それも、不図ふと女優などの顔を思い出した時のような
腐った蜉蝣 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)