あざわら)” の例文
友野は、少しばかり反身になって、胸のバッチを示した。そこには帝国新聞の社章が、霧に濡れて、鈍く、私の無為徒食うようにくっついていた。
腐った蜉蝣 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)