“物嗤”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ものわら80.0%
ものわらひ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「心得ちがいをしてはならぬ。父を捨てて逃げても、所詮は、牧を討てばよい。二人が犬死をしては、それこそ、世の中の物嗤いだぞよ」
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
村での物嗤いの道楽者松屋松吉が、北鳴四郎の取巻きとなって、どこから金を手に入れたか、おんぼろの衣裳を何処かへやり
(新字新仮名) / 海野十三(著)
嘘と云つては失礼だが、例の「噂」であるか、「作り話」であるか、「与太」であるか、そこがどうもはつきりしない。それを真面目に論評などして、物嗤になるのもいまいましい。
演芸欄 其他 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)