南国太平記なんごくたいへいき
高い、梢の若葉は、早朝の微風と、和やかな陽光とを、健康そうに喜んでいたが、鬱々とした大木、老樹の下蔭は、薄暗くて、密生した灌木と、雑草とが、未だ濡れていた。 樵夫、猟師でさえ、時々にしか通らない細い径は、草の中から、ほんの少しのあか土を見せ …
作品に特徴的な語句
ほかりごと いずく のし 上下がみしも にゅう うつ かかり おじ よし きたの のたまわ てて 女郎おんな いえ いさり 直下ねさ とと 仕様しょ ひま つぶ しも おお だる だま つま きたね かぶり くちすす おっかあ がい 懐中ぽっぽ さげす 蹲踞そんきょ しるし かた おなじく おいら きつ いど ぬかず じじ やす ほら たかぶ かわ まとい へえ ぱし くた かたわら いつわ とうと 蒼白あおざ いず せつ まさ しも 短銃たんづっ 爪弾つめび ずさ やす 泥濘ぬかる 徒輩やから こた こしら しん おお 凝固かたまり 内部うちら 情夫まぶ おわ まこと 階段はしごだん しずく くら なま 淫蕩いたずら 今日こんち おり 口賢くちさか 海人あまびと はい つま かみ 蒼白まっさお たっと とど