“嘲嗤”の読み方と例文
読み方割合
あざわら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私はつなぎ竿をのばして捕虫綱を宙高く構えながら、まるで私を嘲嗤ふかのやうに櫟の稍を高く低く縫ふてゆく一羽の蝶を追ひはじめた。
その村を憶ひて (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
と、嘲嗤った。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)