“嘲殺”の読み方と例文
読み方割合
ちょうさつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
聴衆はいよいよった。三百の聴衆のうちには、道也先生をひやかす目的をもって入場しているものがある。彼らに一でも与えれば道也先生は壇上に嘲殺されねばならぬ。角力呼吸である。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
郡兵衛は、嘲殺するように
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、しいて嘲殺した。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)