“天鈿女”の読み方と例文
読み方割合
あまのうずめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
河芸郡玉垣村大字岸岡に、式内の貴志神社あり、祭神は天鈿女なり。土人相伝ふ、往古、金銅の獅子頭を
獅子舞雑考 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
さて天鈿女は、目人にれたる者なれば、選ばれ往きて胸乳を露わし、裳帯を臍下に垂れ、笑うて向い立ち、猿田彦と問答を遂げたとあるは、女の出すまじき所を見せて
勝ちて相問うことを得ず、天鈿女すなわちその胸乳にかきいでて、裳帯を臍の下にれて、咲噱いて向きて立つ〉、その名を問うて猿田彦大神なるを知り、〈鈿女問いて曰く