玉藻の前たまものまえ
「ほう、よい月じゃ。まるで白銀の鏡を磨ぎすましたような」 あらん限りの感嘆のことばを、昔から言いふるしたこの一句に言い尽くしたというように、男は晴れやかな眉をあげて、あしたは十三夜という九月なかばのあざやかな月を仰いだ。男は今夜の齢よりも三 …
作品に特徴的な語句
のけ なみ 彩色つくりえ つこ げん わずろ とと さむら しで しい 明白あらわ ひま 地震ないふる すげ 調達ちょうだ しゅう かわ がく たわわ 神輿じんよ 扮装いでた あで 燈火あかし かぶり ぶみ おさ ぎぬ がたな じょう よこ ちご 過日かじつ 口賢くちさかし うつ おも 賓客まろうど 平生ひごろ かぼ うえ ひつじ 御懇ぎょこん なぶ こう 強請せが みい 現世げんせ たけ 商人あきうど 邪道よこしま わらわ けん へり 千束ちつか はず さわ ない むし えん 牛車くるま 蜻蛉とんぼう もみじ 陰翳くもり 謹慎つつしみ 囚人めしうど しず かか 怪異あやかし かご つく たて すそ 疫病やくびょう 薄紅うすあか 引立ひきたて うしな いら くう 頑固かたくな 悽愴ものすご 憤懣いきどおり こが くわだ おびや