“白幕”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しらまく50.0%
しろまく50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“白幕”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌2.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
行列の道筋にあたる武家ぶけ町家ちょうかでは、もう十三日から家の前に桟敷さじきをかまえ、白幕しらまくやら紫幕。
春ともいはぬ火屋ひや白幕しろまく 桃鯉とうり
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)