微笑びしょう
次の日曜には甲斐へ行こう。新緑はそれは美しい。そんな会話が擦れ違う声の中からふと聞えた。そうだ。もう新緑になっていると梶は思った。季節を忘れるなどということは、ここしばらくの彼には無いことだった。昨夜もラジオを聞いていると、街の探訪放送で、 …
作品に特徴的な語句
とお よう 上手うま しら むこ たう ほう あわただ あた むな はず 不可いか とお たくら よわい あらわ とま しお ゼロ 煌煌こうこう ひら 善悪ぜんあく たが くら 退 かたま 空虚から 如何いかん かな ことごと たず しま こわ ひろが かお のぞ あふ 滑稽こっけい さざなみ みなぎ つぶ 濛濛もうもう 灯火ともしび ほのお さわ 牽引けんいん ねら たぬき 狸穴まみあな 甲斐かい 相貌そうぼう 眼差まなざし 眼覚めざ 碇泊ていはく ほこら まれ はず かぞ すだれ こも 綜合そうごう つな 翻弄ほんろう 耀かがや ひじ 胡瓜きゅうり ひざ へそ すき はや 這入はい 道元どうげん 郷里くに くぎ はさみ いかり 長篇ちょうへん したが 鰐足わにあし うなず ほお 黄楊つげ 齢上としうえ
題名が同じ作品
微笑 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)
微笑 (新字新仮名)夢野久作 (著)
微笑 (新字旧仮名)芥川竜之介 (著)