“鰐足”の読み方と例文
読み方割合
わにあし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
悄然として呟く紺背広の技師の一歩前で、これはまた溌剌とした栖方の坂路を降りていく鰐足が、ゆるんだ小田原提灯の巻ゲートル姿でんで来る。
微笑 (新字新仮名) / 横光利一(著)
足の構えは、鰐足になった。目は爛々ときらめき全身に強烈な、兇暴の気が漲った。まるで、が、いけに最初の一撃を与えようとして、牙を現し、逆毛を荒立てたかのようである。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
ている燕尾服が熊の毛色そのままで、袖も長ければズボンも長く、おまけに鰐足でドタバタと外輪に歩いて始終、他人の足を踏んづけるのだから、いよいよ熊そっくりということになる。