“みず”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ミズ
語句割合
75.2%
14.8%
不見1.5%
洪水1.5%
1.2%
1.2%
0.9%
冷水0.6%
海水0.6%
御豆0.3%
出水0.3%
水面0.3%
0.3%
液汁0.3%
0.3%
美豆0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひっきりなし、川のはくるくるるようなさで、をまいて、ふくれがり、ものすごいててわきっていました。
鬼六 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
その好敵手と思う者がとしてから門閥の陋習を脱したるが故に、下士はも戦わんと欲してち敵の所在をうたる者のごとし。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
二十七にはなつても世間不見のあの雅之、うも能うもおのれはしたな! さあ、さあさを討つから立合ひなさい
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
うんと持って来たんじゃないか。この暴風雨は、きっと半年分も降ると思ったから。——それに暴風雨がやんでも、この洪水はなかなか退かないにきまってるもの
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
自分から手を下さゞるにもせよ、一家の世帯は夢中に持てぬものなれば、娘の時より之に慣るゝこと大切なりと知る可し。
新女大学 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
彼のいた所からは見えなかったが、その仕掛ははね釣瓶になっているらしく、汲みあげられて来る水は大きい木製の釣瓶に溢れ、樹々の緑がみずしく映っている。
城のある町にて (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
頃日脱稿の三十年史は、近時およそ三十年間、我外交始末につき世間にうるところ徃々誤謬多きをい、先生が旧幕府の時代よりから耳聞目撃して筆記にするものを
ところが、洋燈の石油はへって、ホヤは油煙で真っ黒くなる上に、朝寝坊になって、父が怒って、冷水をあいている口へつぎ込むことなど、仕置きされることが重なってしまった。
この海水の中へったら体も、碧く解けてしまやあしないだろうか——
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
前に夏の部で評釈した句「五月雨御豆小家寝醒めがち」
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
五月雨御豆小家寝覚がち
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
見てごらんなさいな、随分念を入れて変りのいいのを集めたのよ。でも今年はいいのが大変少いんですって。去年の出水で流されてしまったのよ。
掠奪せられたる男 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
だがなんと、暗い河の水の油のように重くぎらぎらすることぞ! 水面を見ると怖い。
旧聞日本橋:17 牢屋の原 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
と、ばかり意気揚々、を渡って、この日征途に立ってしまった。——がしかし、これはやはり悪い前兆であったとみえる。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
人間の内心は実に変幻常なきもので、ちょっとうっかりしていると、いつの間にかもう怖ろしい蛆虫がわいて、そいつが忽ち人間の生命液汁を遠慮会釈なく吸い取ってしまう。
言葉はなくても真情は見ゆる十兵衛が挙動に源太は悦び、春風を渡って日に蒸すともいうべき温和の景色を面にあらわし、なおもやさしき語気円暢
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
夕ちかく、道は八幡のへんにかかっていたが、対岸の美豆や山崎あたりの空はまっ赤だし、川面には兵舟の往来がしげく、どうも予定していた鳥羽までは行けそうもない。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何十里かぶっとばした後、馬も人もようやく疲れてくると、高原の中の小川を求めてそのに下り、馬にかう。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)