“みずか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ミズカ
語句割合
85.1%
9.6%
2.4%
水掻1.4%
1.0%
水飼0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
降りそそぐ雨にその心をうたせる事を何の考えもないうちにしてらの呼び起した雨雲の空が自然の空の全部と思いなして居る人達だ。
千世子(二) (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
わがこの薬は、くも月宮殿嫦娥ら伝授したまひし霊法なれば、縦令怎麼なる難症なりとも、とみにることの如し。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
ヴィンツェンツォ・マリア師の『東方遊記』に西インドコチン王はら重臣輩の見る所で白質黒条の虎を獲るにあらざれば即位するを得ず
説法の印を結ぶ手だけをとって見ても、壁画の手の力強い確かな描写に対して、水掻きのついているこの画像の手は、弱々しい、曖昧な描写だと言ってよい。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
きて春川にひにけり
六百句 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
「いや、そうしてはおられぬ身、しばし御門前を床几の場に借用したい。そして馬に水飼い、兵にも腰兵糧の用意をさせなどしたら、すぐにもここは立ち申す」
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)