郷愁の詩人 与謝蕪村きょうしゅうのしじん よさぶそん
蕪村や芭蕉の俳句に関しては、近頃さかんに多くの研究文献が輩出している。こうした時代において、著者の如く専門の俳人でもなく、専門の研究家でもない一詩人が、この種の著書をあらわすということは、無用の好事的余技の如く思われるが、決してその然らざる …
作品に特徴的な語句
そむき いとお こう あさげ ぬる みじかく うずま はか おり あけ さけ ずま 泥濘ぬかり だき ゆき よる 多謝たしゃす なか ひとつ とま ろう 骨牌ガルタ ざき じゃく みの とも 黄昏こうこん すぐ もと なまめ わが 憧憬しょうけい いそ てい 行々ゆきゆく 行人ゆくひと 干魚ひうお 孤独アインザーム ほとり なま いり ちなみ とざ むき いで あらわ てり あり くれ あん なり 行々ゆきゆき 調子トーン さん おこ 寂寞じゃくまく 家郷ハイマート ころが いも いっ すぎ 夜半よわ 地車じぐるま 口惜くちお 一方いっぽう われ いかのぼり 青々せいせい うれい くさ えん 時劫じこう 茄子なすび むね 日和びより しき 菖蒲しょうぶ あが すて ふる 魚臭うおくさ 乾鮭からさけ 懐袍かいほう あわれ 仕舞しまい うち つたわ ごと すく 作物さくもつ