“好敵手”の読み方と例文
読み方割合
こうてきしゅ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その好敵手と思う者がとしてから門閥の陋習を脱したるが故に、下士はも戦わんと欲してち敵の所在をうたる者のごとし。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
ああ、怪人二十面相、名探偵明智小五郎の好敵手、怪人二十面相。人形怪人が、あの二十面相だったとは。そのとき、シーンとしずまりかえったへやの中に、わらいごえが、ひびきわたりました。
怪人と少年探偵 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
好敵手
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)