三国志さんごくし04 草莽の巻04 そうもうのまき
「なに、無条件で和睦せよと。ばかをいい給え」 郭汜は、耳もかさない。 それのみか、不意に、兵に令を下して、楊彪について来た大臣以下宮人など、六十余人の者を一からげに縛ってしまった。 「これは乱暴だ。和議の媒介に参った朝臣方を、なにゆえあって …
作品に特徴的な語句
つい そっ あき かん かん こう あらた はかり いた 口賢くちざかし さむ うた しょう こう 細作おんみつ いつ けい じゃく むこ 徒歩ひろい 梧桐ごどう から 退しりぞ まな 夫人おく のたも そこ くっ はん うれい あし てき やさ はい おり とど あせ しょう むな ぜつ いつ あが おと 亡夫ちち こうべ いぬい 長久ちょうきゅう しみ あか こく 咽喉いんこう そえ 忿怒ふんど さん おやじ 突出とっしゅつ 御座みくら 形骸むくろ くれない つのゆみ 悚然しょうぜん たお もぐ おめ おびや かく くみ ぬる くつ しち おび ごと 王立おうりゅう 諜者まわしもの たくら 貌容かんばせ むすめ ちょう
題名が同じ作品
三国志:01 序 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名)吉川英治 (著)