“さま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サマ
語句割合
27.3%
23.2%
12.3%
8.6%
6.8%
4.7%
4.2%
2.4%
光景2.1%
1.7%
状態0.6%
現象0.4%
0.2%
左迄0.2%
体裁0.2%
冷却0.2%
姿0.2%
様子0.2%
樣子0.2%
狭間0.2%
0.2%
0.1%
実相0.1%
彷徨0.1%
皇后0.1%
0.1%
0.1%
佐間0.1%
光影0.1%
冷評0.1%
0.1%
0.1%
実状0.1%
左摩0.1%
左馬0.1%
形状0.1%
0.1%
情態0.1%
情状0.1%
挟間0.1%
有様0.1%
様相0.1%
模様0.1%
病態0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いわんや酒を飲みたることなきは勿論、婦人に戯言を吐きたることなきは勿論、遊廓などに足蹈みしたるは一向に見受け申さず候。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
ここに一例としてインド産のピゾン一種人にるるを示す(図略す)。これは身長二丈余に達する事あり。英人のいわゆる岩蛇だ。
七子の羽織に仙臺平のりうとした袴、太い丸打の眞白な紐を胸高に結んだは、何處かの壯士芝居で見た惡黨辯護士を思出させた。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
婆さんもその物音に目をしました。そして起きて戸を開けてみますと、吃驚して、思はずアッと言つて、尻餅くところでした。
竜宮の犬 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
何時間ったのか、何日経ったのか、一郎次には分りませんでした。ふと、目をすと、自分は、立派な御殿の中に寝ていました。
三人兄弟 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
微月に照されて竹の幹にそうて立っていた、可憐な女のを浮べると、伯父に対するも、心の苦痛も、皆消えてしまって、はては涙になってしまった。
倩娘 (新字新仮名) / 陳玄祐(著)
小六さん、座敷てて、洋燈けて頂戴せないだから」と依頼んだ。小六簡單
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
それが一合あれば砂糖を適宜に加えて火にかけて水に漬けたゼラチン四枚を入れてします。乾杏の煮たのを汁ともに固めても出来ます。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
声のない気合い、張りきった殺剣の感がどこからともなくただよって、忠相は、満を持して対峙している光景を思いやると、われ知らず口調が鋭かった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
ヂュリ れぢゃぶは? さまからぬ。うまでらいでか、うからしてか? 何事があって、えたやら?
心労の結果ヒドイ腎臓病と神経衰弱に陥って寝てばかりいる状態は、他所の見る目も気の毒な位であったが、しかし次男坊の一知は、そんな事を夢にも気付かないらしく
巡査辞職 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
龍華寺信如修業立出風説をも美登利えてかざりき、意地をばまゝにめて、此處しばらくのしの現象れをれともはれず
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
八日目に草臥て虎も昼寝するを見澄まし、ファッツ徐々下りる音に眼をして飛び懸る、この時しかの時早くファッツが戦慄て落した懐剣が虎の口に入って虎を殺した
れば現時の米国海軍——其軍人は左迄で勇壮ならざるべし。多くの雇兵より成れる陸軍は敢て恐るゝに足らざるべし。
警戒すべき日本 (新字旧仮名) / 押川春浪(著)
真に罪無き雑話を下物に酒も過ぎぬほど心よく飲んで、下卑体裁ではあれどとり膳睦まじく飯を喫了り、多方もう十兵衞が来さうなものと何事もせず待ちかくるに
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
御膳汁粉ふのが普通汁粉で、から紅餡ふのがある、白餡本紅れたのものぢやが、口熱冷却すとかす事ぢや、塩餡ふのがある、すのではない
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
木のる音、姿、また撓む姿、軋る音、今にも傾覆らんず様子に、あれあれ危し仕様はなきか、傾覆られては大事なり、止むるもなきことか、雨さえ加わり来たりし上周囲に樹木もあらざれば
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
末は何となる身ぞ、両親ありながら大目に見てあらきをかけたる事も無く、楼のが大切がる様子も怪しきに、聞けば養女にもあらず親戚にてはもとより無く、姉なる人が身売りの当時
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
となるぞ、兩親ありながら大目てあらきをかけたるく、大切がる樣子しきに、けば養女にもあらず親戚にてはもとよりく、なる身賣りの當時
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ちかぢかと城の狭間より見おろしてこずゑの合歓のちりがたの花
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ともかく、いくらか太刀打ちできたのは郡山千冬で、この男も、五日でも十日でも目をしている限りは酒をのんでいられる。しかし酒量に於ては田中の半分には達しない。
送る側眼で見てさへ不便に子の可愛さの一筋に小半年せしが妻のお久が病中より更に家業も成ぬ上死後物入何ややに家財雜具を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
忍び今の身の敢果なきちつゝ如何なる因果と泣沈むにぞ文右衞門はしコレお政其方は何とて其樣に未練なることを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
平家の門閥が、民をみるいとまもなく、民の衣食を奪って、享楽の油に燃し、自己の栄耀にのみ汲々としている実相が、ここに立てば、眼にもわかる。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
神護建立勧進のため、院の御所へ踏み入って、折から、琵琶や朗詠に酒宴していた大臣どもに、下々の困苦のい、迷路のきなど、世の実相を、一席講じて、この呆痴輩一喝した所
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蕭条と荒れ果てた灰色の野の中を、真黒い外套と共に、あてもなく彷徨よっている中田の顔は、世にもすさみ切った廃人のそれであった。
自殺 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
何時間かの間この荒野を彷徨よい、狂人の奇怪な幻想の数々を、如何にも感心しながら聞いていたのか、と思うと何んともいえぬ莫迦莫迦しい腹立たしさを感じたのであった。
自殺 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
実は奥方様、あの男は、カタリナ皇后から、アレウート号の船長に任命されて、このラショワ島にある黄金郷の探検を命ぜられたのです。
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
しかし、それを見て父はあまりの驚きに狂ってしまったのでしたが、グレプニツキーは翌年本土にもどって、その旨をカタリナ皇后に言上したそうです。
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
綾を織る人の世の
レモンの花の咲く丘へ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
綾を織る人の世の
レモンの花の咲く丘へ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
我を誘ひ出して酒店に至り、初め白き基督涙號を傾け、次いで赤き「カラブリア」號を倒し、わが最早え飮まずとむにびて、さらば三鞭酒もて熱をせなどいひ、を盡して別れぬ。
車力は「残念ですなア。をにがしてしまって……常陸丸ではこの近辺で死んだ人がいくらもあるですぜ。佐間では三人まであるですぜ」
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
樹と樹との間には、花園の眺めが面白く展けて、流行を追う人々の洋傘なぞが動揺する日の光の中に輝く光影も見える。
並木 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
紅屋で振舞った昨夜の酒を、八郎が地酒だ、と冷評したのを口惜がって、——地酒のしかも「」と銘のある芳醇なのを、途中で買って、それを角樽で下げていたのであるから。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
僕は一本の巻煙草を呑み切ったでまた整理にかかった。今度は作のためにわれ一人の世界をたげられるなしに、書架の二段目を一気に片づけた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「わたしは、おまえさんから、そのりをいたいのですから、そんな、気兼ねはすこしもいりません。」と、おさまはえられました。
初夏の空で笑う女 (新字新仮名) / 小川未明(著)
『どう仕りまして、赤穂の者共の悲惨な実状を見て来た眼には』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また一族では、甥の鬼五郎助高をはじめ、鳥屋彦七、宇田川義直左摩大八、荒木宗行、それに家職の車尾丹玄などを加えても十五人にみたなかった。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
左馬をさずけられ、三河の一部と遠江一国を。
その形状花のふゞきと見んはおろか也。
それはいつだったか、泌尿病院を捜してい歩いた時、そこにさる所の広告がぶら下っていたことを急に思い出したからである。そうだ、あれを目印にして下りて行けばいいと彼は自分に云った。
天馬 (新字新仮名) / 金史良(著)
殘りし男の負傷はさしたる事ならねど、若きに似合ぬ意氣地なしにて、へた/\と弱りて起つべき勢ひもなく、半分は死にたるやうな哀れの情態、これを見捨る事のならぬ老爺が
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
祝はそこで指輪を出して少女の情状を話した。
水莽草 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
それから跣足になつて、へられるやうにしてつて、また、老樹大巌挟間に五白樺巨木南祖坊があつた。に三白樺巨木に、一龍神があつた。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
上海のもろもろの様相人の世のなりのままなるものとこそ思へ
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
しやま/\と悲鳴を揚げつゝ竹矢来の外へ引かれ行けば、並居る役人も其の後よりゾロ/\と引上げ行く模様、今日の調べはたゞ初花太夫一人の為めなりし体裁なり。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「この国のあらん限り、世のはどう変ろうと、剣の道——ますらおの精神の道が——無用な技事になり終ろうか」
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
少女はそれをて、かとばかりんで、これをいあげました。それは、いつかえておいたとまったくじでありました。彼女は、その接吻してさまにおしました。
夕焼け物語 (新字新仮名) / 小川未明(著)
『むかしは花の精、さるからに凝りき。今は花の、さればうつろなり。しばし聚りて形を為せども、こを真とな見たまひそ。ただ夢寐を成せるのみ。』
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
『假に中學生にしたところで、態々人から借りて呉れてやつてされるより、此方なら先づ寢酒でも飮みますな。』
葉書 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
足利末にできた『舞曲口伝』には、「この曲は天竺の楽なり。婆羅門伝来なり。一説。沙門仏哲これを伝ふ。唐招提寺にありと云ふ。また后嫉妬といふ」
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
「おみをたげてはならぬ」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)