士族の商法しぞくのしょうほう
上野の戦争後徳川様も瓦解に相成ましたので、士族さん方が皆夫々御商売をお始めなすつたが、お慣れなさらぬから旨くは参りませぬ。御徒士町辺を通つて見るとお玄関の処へ毛氈を敷詰め、お土蔵から取出した色々のお手 …
作品に特徴的な語句
御家人ごけにん 看板かんばん 煎茶せんちや 窮屈きうくつ 瓦解ぐわかい 汁粉じるこ 莨入たばこいれ 見込みこみ など 潜戸くゞりど ぢく 気取きどつ りゝ 此頃このごろ 姫様ひめさま 玄関げんくわん 飛出とびだ 金蒔絵きんまきゑ 団子だんご 無代たゞ 其頃そのころ 御用ごよう 結構かゝり 筆太ふでぶと 取次とりつぎ 貼札はりふだ 門並かどなみ せい 取出とりだ 御門ごもん 体裁ていさい せき 見向みむき らう 掻込かつこ 相成あひなり 申上まうしあ 何所どこ けん 恐入おそれいり 可笑味をかしみ 殿様とのさま 裏表うらおもて ゆみ 落語はなし 白玉しらたま 器械きかい 門内なか 土蔵くら 円朝わたくし 蝋色ろいろ 黒人くろうと 書院しよゐん 奥様おくさま 敷詰しきつ 町人ちやうにん 道具屋だうぐや 貴様きさま 武家ぶけ 士族しぞく 眼下がんか 長家ながや 諸方しよはう 片附かたづけ 追掛おつかけ 吸物椀すひものわん 探幽たんにゆう 拝領はいりやう 品格ひんかく 当家たうけ 当今たゞいま 千萬せんばん 商法しやうはふ 冷却さま 小笠原流をがさはらりう 立掛たてかけ 下落げらく 吸物膳すひものぜん 実地じつち 通行つうかう 営業えいげふ 四品よしな 塩餡しほあん 手道具てだうぐ 本紅ほんべに 道明寺だうみやうじ