“凜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りん94.4%
りゅう1.4%
リン1.4%
りり1.4%
りゝ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幼なかった彼の眼にさえ美しいとしたひとで、はやくから自分の死期を知って泰然とそのときを待っているというところがあった。
日本婦道記:おもかげ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
二十分の後此楽屋から現われ出た花嫁君を見ると、秋草の裾模様をつけた淡紅色の晴着で、今咲いた芙蓉の花の様だ。花婿も黒絽紋付、仙台平の袴、として座って居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
だが長い訓練が、老女の心をとり戻した。として、反り返る様な力が、湧き上つた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
夫人 まあ、お勇ましい、々しい。あの、獅子に似た若いお方、お名が聞きたい。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
するといてお姫様玄関まで追掛られて、円朝喚留たがうも々しくツて、となく身体り、れでもするかと思ひました。姫
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)