“楽屋”の読み方と例文
旧字:樂屋
読み方割合
がくや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不義の密通をした奥女中なにがしの顔となり、また柳絮と思ったその首は幾年の昔堺町楽屋新道辺買馴染んだ男娼となっていた。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
やがて拍子木って、がりますと、文福がまが、のこのこ楽屋から出てて、お目見えのごあいさつをしました。
文福茶がま (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
いえいえ、でもでもござんせぬ。あたしゃたしかに、このいてました。これからぐに市村座楽屋へお見舞ってとうござんす。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)