“堺町”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さかいちょう75.0%
さかいまち12.5%
さかひちやう6.3%
さかひてう6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不義の密通をした奥女中なにがしの顔となり、また柳絮と思ったその首は幾年の昔堺町楽屋新道辺買馴染んだ男娼となっていた。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
其の後天保になって菊五郎は、堺町中村座夏演戯『四谷怪談』をやる事になり、新機軸を出すつもりで、幽霊の衣裳に就いて考案したが、良い考えが浮ばなかった。
幽霊の衣裳 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
りました堺町といふ、大層づかしい町名でございまして、里見といふ此頃新築をした立派
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
自分ばかりが博識がるものなり、菊塢奥州よりボツト出て、堺町芝居茶屋和泉屋飯焚となり、気転くより店の若衆となり、客先番附りにも
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)