“菊塢”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きくう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雪三せつざう菊塢きくう秋草あきくささかりなりとかきくを、此程このほどすぐさずともなひてはたまはらずやと掻口説かきくどきしに
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
詩仏しぶつ鵬斎ぼうさい詩文しぶんにてなぶりものにされたりといふことえたるが、もとより菊塢きくう
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
大面おほづらで悪く依怙地えこぢで、自分ばかりが博識ものしりがるものなり、菊塢きくう奥州おうしうよりボツト出て
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
「久無病脚訪江干。勝事索然奈老残。何料花園四時富。佳詩写得与余看。」当時百花園は尚開発者菊塢きくうの時代であつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
きょうもきょうとて、歌麿は起きると間もなく、朝帰りの威勢のいい一九いっくにはいり込まれたのを口開くちあけ京伝きょうでん菊塢きくう、それに版元の和泉屋市兵衛など
歌麿懺悔:江戸名人伝 (新字新仮名) / 邦枝完二(著)