歌麿懺悔うたまろざんげ江戸名人伝えどめいじんでん
「うッふふ。——で、おめえ、どうしなすった。まさか、うしろを見せたんじゃなかろうの」 「ところが師匠、笑わねえでおくんなせえ。忠臣蔵の師直じゃねえが、あっしゃア急に命が惜しくなって、はばかりへ行くふりをしながら、褌もしずに逃げ出して来ちまっ …
作品に特徴的な語句
元来もとき むず 仰付おおせつく おち 男女だんじょ 手錠てじよう 心持ここち せい じょ えい 師直もろのお 仲蔵まいづるや あま めん 雇婆やといばばあ ざま へり なみ おり はや まなざし はじ さす はず はじ かみ 花車きゃしゃ こわ 焦慮しょうりょ 浅草おくやま 幸福しあわせ そそ かり たよ 頬冠ほおかぶ ひび たす 側室そくしつ 間伸まのび 冷々ひえびえ 耳朶じだ 最中さいちゅう よい たが なか あやう あか すか 口説くぜつ 口開くちあけ 合点がってん ぱだか 名折なおれ かつ こす ぬぐ つか かこ 大路おおじ まく 脳裡のうり えり あし 脂汗あぶらあせ はら はだ 絵師えかき から 粗相そそう 簾売すだれうり 濡衣ぬれぎぬ 灘波なにわ わざわい 無性むしょう 煙管きせる 燕十えんじゅう 爪先つまさき 版元はんもと たま 用達ようたし 画会がかい 疼痛とうつう くぼ 笊屋ざるや 砂利じゃり