“気転”の読み方と例文
旧字:氣轉
読み方割合
きてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あたかも一の学説を主張するが如くにその論理を運ばするのみであって、実際問題に携わるに当って必要なる気転分別はその影すら無い。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
とお祖父さんは、早速気転かして、芳夫さんに豆を浴せかけた。これで嫁の里の長男を鬼扱いにしたというは受けない。
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
気転よくたった小姓藤巻石弥、ふと廊下へでるとこは何者? 評定袖部屋へじッとしゃがみこんでいる黒衣の人間。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)