“番附”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ばんづけ93.3%
プログラム6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明治八、九年頃の画家番附に淡島椿岳の上に和洋画とあるのを以て推すと、洋画家としてもまた相応に認められていたものと見える。
それでも木戸口には十何人か頭をげて芝居の番附を見ていた。外に一かたまりの人が、何にも見ずに立っていた。
村芝居 (新字新仮名) / 魯迅(著)
貴縉紳士、夫人令嬢老若童婢と、雲霞のごとく蝟集する中をよろめき歩く貸椅子屋の老婆、行列番附を触れ売りする若い衆、コンフェッチをぐ娘など肩摩轂撃の大雑踏大混雑