“サマ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:さま
語句割合
50.0%
16.7%
16.7%
16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
カツテハ、哲人、ヘエゲルノデアッタ。哲学ハ、ヘノデハナクテ、真実トシテ成立セシムベキ体系知デアル、ヘエゲル先生ノコノ言葉一学兄エラレタ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
彼サシテ分別モナク、ソレハ箇様ニナスガヨロシクコレハ左様ニルガ然ルベシナド、立チ所ニ答ヘ、我等ガ両三日昼夜カカリテ分別ナリ難キ事モ
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
してやつたらむごいはい」の幕切れのいやな伝襲風の形といやな活歴と新史劇(高島屋一派には、妙なえろきゆうしよんがあると聞きました)
芝居に出た名残星月夜 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
伊勢の巫女様、尊い姉御が来てくれたのは、居睡りの夢をされた感じだつた。其に比べると、今度は深い睡りの見たいな気がする。あの音がしてる。昔の音が——。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)