“めざ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
目覚24.2%
目醒18.0%
眼醒14.1%
目指13.3%
眼覚11.7%
目覺4.7%
覚醒3.9%
眼指2.3%
0.8%
目刺0.8%
目差0.8%
目的0.8%
目睲0.8%
目鮮0.8%
眼覺0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに目覚めたものは皆知識の実を喰べてしまったのである。それならどうしたら意識的な吾々が、正しい工藝を産む事が出来るか。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
急に本能の目醒めた思ひで、また、強くおせいの腰を取つたが、おせいは、富岡の手をふりほどくやうにして、狭い石段を降りて行つた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
彼女の体内には性の眼醒めがぼんやり感ぜられていたにもせよ、彼女はまだそれを自覚していなかったし、夫も敢て自覚させようとは努めなかった。
我等兩人目指すコロンボにも、また櫻木海軍大佐等再會すべき橄欖島にも左迄ではくない印度洋であつたと。
「お眼覚めかな。戸部氏もあの通り殊のほかお腹立ちの模様だから、ちょっと謝りなさい。あやまって改めてわれら一同へ年賀の礼をなされたがよかろう」
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
さんため、一人にてりしは、庵室にかくまひおき、後日て、ロミオへけん存念るにれば、目覺むるしき前方
稚児サン騒ぎなぞ噯気にも出さなくなった今に至って私一人は俄然として稚児サンのよさに覚醒め、どうやら朝起きても私の眼前には昨日以来の太子の
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
屈指の富豪と眼指されている倉川男爵家の別邸に二人組の強盗が入って、若い、美しい夫人と小間使を絞殺し、一人の書生に重傷を負わせ、夫人所有の貴金属、宝石類と
老巡査 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
いとらかに青みたるめ、見かへれば
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
「一體その車坂御門外の刄傷沙汰といふのはどうした事なのだ。目刺しの燒けるうちに、ざつと筋を通して見な」
銭形平次捕物控:167 毒酒 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
さあ、此処からが目差御山というまでに、辻堂二晩寝ました。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一日の行程わずかに二里、目的す土地までは一百里、約二ヵ月の旅行である。しかも最後の目的地にはたして宝庫があるや否やそれさえ今のところ不明である。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
朝の目睲めに煙つた沖を眺めながら、寝床の上で私の体躯を真二つに割ると、私の疲れた脊椎に濡れた海藻がグショグショ絡みついてゐて、白いシイツまで悲しい程しめつぽい。
帆影 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
丁度甲州流の戦法のように隙間なく穂尖えてジリジリと平押しに押寄せるというような論鋒は頗る目鮮ましかった。
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
この炎天にさらされて、くこともならず、りもされず、むなしく、はのんだくれ の何時だかれない眼覺めをまつて尻尾とたわむれながら、へました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
このもの林の中に落つ、されど定まれる處なく、たゞ命運の投入るゝ處にいたりてすこと一粒の麥の如く 九七—九九
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
艸木は急に昨日の睡眠よりめ、しなやかな諸手を伸べて、軽く大気のなかに躍りさざめき、小鳥は花樹の梢に飛び交はしながら、玉を転ばすやうなうつくしい歌曲に謡ひ耽つてゐる。
独楽園 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
少年をこすりつゝ、悄然見廻した。でも左樣だが非常變動暫時ちて、めた心淋しいものはないのである。