“二晩”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふたばん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“二晩”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
萩原様の所へ幽霊になって逢いに来るのがこれに相違ねえ、それじゃア二晩ふたばん来たのは幽霊だッたかと思うと
やまにもみづにも言訳いひわけがあるのに……彼方あつち二晩ふたばん此方こつち三晩みばん
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)