武州公秘話ぶしゅうこうひわ01 武州公秘話01 ぶしゅうこうひわ
伝曰。上杉謙信。居常愛少童。又曰。福島正則。夙有断袖之癖。老而倍〻太甚。終至失家亡身矣。雖然是豈一謙信一正則而已乎。世所謂英雄俊傑者之於性生活也。逸事異聞之可伝可録者頻多。曰男色曰嗜虐性。則是武人習性之所敢使然。非復足深咎也焉。本篇所伝武州 …
作品に特徴的な語句
ざふらふ 被仰おほせらる おのゝ たゞ おゝや おゝ そぎ 退しさ 執拗しつッこ とゞま うわ あやし かむ ゆる わらは ゆだ きちがい 御眼おんまなこ しゅう たも あまがけ いは ばかり しも 耳朶みゝたぼ めぐら うずだか かえ つまび たかぶ 難有ありがたき 大手おゝて 生暖なまあたゝ 被仰おほせられ をつと 仮令たとひ 女童をんなわらべ 妄執まふしふ つゝ おも 退さが 嗣子しゝ ひそ むな 彼方あっち かを おく 曲舞くせま まば 治承ちしょう よろず かゞ つま かゝ には くゞ すみ あせ じょう 上手じやうず あや つかまつり かゝ ことば 乙卯いつぽう とも ほど こゝろ しる なんな 此方こっち かゝ つゞ たく あた 御諚ごぢやう 何卒どうか 所行しよぎやう 罷出まかりいで じん 誅戮ちうりく もゝ 眉庇まゆびさし
題名が同じ作品
武州公秘話:02 跋 (新字新仮名)正宗白鳥 (著)