武州公秘話ぶしゅうこうひわ01 武州公秘話01 ぶしゅうこうひわ
伝曰。上杉謙信。居常愛少童。又曰。福島正則。夙有断袖之癖。老而倍〻太甚。終至失家亡身矣。雖然是豈一謙信一正則而已乎。世所謂英雄俊傑者之於性生活也。逸事異聞之可伝可録者頻多。曰男色曰嗜虐性。則是武人習性 …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ 愚弄ぐろう 敵愾心てきがいしん 有頂天うちょうてん 納得なっとく 海月くらげ 輿入こしい 麾下きか 肌理きめ 一期いちご 忖度そんたく うそ 化身けしん 短冊たんざく 諸共もろとも まこと 幔幕まんまく たで 謀叛むほん 黴菌ばいきん 般若はんにゃ 訊問じんもん 和睦わぼく 無躾ぶしつけ はく 腹癒はらい 臆測おくそく 不束ふつゝか ひろ たちばな 塹壕ざんごう わく 手柄てがら たに 内輪うちわ 成行なりゆく 重畳ちょうじょう 弥生やよい 抹殺まっさつ 渺茫びょうぼう 優男やさおとこ 初陣ういじん 齟齬そご 杜鵑ほとゝぎす 生捕いけどり 脳裡のうり 厨子ずし 田楽でんがく 縷々るゝ 落人おちうど 怯懦きょうだ 蹉跌さてつ 一廉ひとかど 一揆いっき 剃髪ていはつ 燐光りんこう 狙撃そげき 発作ほっさ 風貌ふうぼう 名告なの 賞翫しょうがん 悔悟かいご 尾籠びろう 畏怖いふ 将監しょうげん 畸形きけい むし 蟄居ちっきょ 唾液つばき 婉曲えんきょく ふう 香炉こうろ 丁子ちょうじ 四隅よすみ 煙硝えんしょう 苦患くげん 悠長ゆうちょう 杜若かきつばた 瓜実顔うりざねがお かゞ 冥途めいど 森閑しんかん 人目ひとめ やく 寄手よせて 恐懼きょうく 生首なまくび 黙祷もくとう 惨澹さんたん やり 頓挫とんざ 叱咜しった 座頭ざとう 薬餌やくじ 詩歌しいか 駈引かけひき じく 利腕きゝうで
題名が同じ作品
武州公秘話:02 跋 (新字新仮名)正宗白鳥 (著)